投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

10月28日:庵治マラソン

イメージ
明け方までの雨もあがり、スタートするころにはだんだん暑くなってきました。のんびり夫婦でほとんど最後尾をぽちぽち進み、5km走りました。35分53秒。二人でこのコースを走るのは3回目ですが、確実に遅くなっています。でも、まあ、仲良く走れるからいいんです。

10月21日:第18回四万十川ウルトラマラソン

イメージ
昨年は自分も一緒に走ったのですが、今回は息子と友人の応援だけになりました。スタートを見送ってから道の駅「とおわ」で四万十川に手をつけてみました。澄んだ水の透明度が肌に伝わってきました。
57kmあたりからはいつも自分が走っている道を逆走してみました。このあたりは第2の峠があってアップダウンがきついところです。逆送する私を正規のランナーが不思議そうに見ていました。峠の頂上で待っていた私に息子も驚いたようすでした。午後からはかなり暑くなり、ランナーのペースもどんどん落ちていきました。そんな中、息子は5時間15分あまりで走りきり、年代別2位の快挙でした。








10月20日:四万十川へ

イメージ
ずいぶん日が経ってしまいました。四万十川から帰って一週間も経ってしまいました。
更新が遅くなり、読んでくれているみなさん、ごめんなさい。
車で予土線土佐大正駅近くの松月荘についたのは夕方6時過ぎでした。思いがけず混んでいませんでした。私は応援だけなので気楽なもんです。
夜も早く寝て朝6時からその辺を走ってみました。四万十高校は高いところにあって坂道は結構脚にこたえました。 7時に食事をすませてスタート地点のこいのぼり公園に向かいました


10月19日:今朝は一人で

イメージ
今朝もちょっと起きるのが遅くなり、6時半に家を出ました。今日は妻が走らないというので私一人です。3.6kmを自分のペースで走りました。澄んだ空をバックに朝日に照らされた屋島が美しかったです。

10月18日:夫婦ラン

イメージ
今朝は寝坊したので走り出たのが6時半を過ぎていました。われわれ夫婦はわずか2.6kmしか走れませんでした。むこうから蜂のような黄色い格好をした息子がかけあがってきてどこかにいってしまいました。今週末は四万十川60kmです。

10月14日:朝練

イメージ
今朝は7時半から朝練です。私自身はあまり長い距離のレースは近々ないのですが、仲間の中には来月25日に小豆島タートルフルマラソンを予定している人もいます。その人たちは今が走り込みに大事な時期です。今日は庵治半島と屋島を連続で約32km走るつもりでやってきました。私は4kmほど行ったところで引き返し、合計8kmほど走っただけでした。

10月13日:隅田川テラス

イメージ
一夜明けて朝5時半。宿泊した八丁堀から隅田川のほうへ走ってみました。綺麗に整備されたテラスをとことこ夫婦で走りました。昇ったばかりの朝日が高層ビルのガラス窓に反射して清々しい朝です。

10月12日:脈管学会

イメージ
学会発表のために上京しています。新装なった東京駅からすぐ近くのサピアタワーが会場です。9時からトップバッターで発表なのでどのぐらい聴衆がいるか不安でしたが、会場は8割ほど埋まっていました。タイトルは「APGを用いた下肢動静脈循環動態の評価」。一般の人にはなんのこっちゃというマニアックな研究です。それでも7分の発表のあと質問が3つほどありました。反応があってよかった。クリニックは休診にしています。




10月10日:昔の体育の日

イメージ
今朝は6時半に家を出ました。東の空の山陰から日が昇ってきています。妻と二人でぽちぽちと走りいつもの犬に挨拶したのですが、うんともすんとも言わず、目でこちらを追うだけでした。とりあえず元気そうなので安心して家に帰ってきました。今日は2.5km走りました。

10月8日:朝のラン

イメージ
今朝も気持ちよく晴れました。出がけに見上げた空に秋の雲が広がっていました。今朝もあの犬は元気そうでした。わずか3kmのランですが、朝一番の走りは気持ちのいいものです。

10月7日:庵治半島

イメージ
秋晴れになりました。今日は久しぶりに朝練で庵治半島を廻ります。午前7時半に八栗のマルヨシセンターに10人が集合しました。反時計回りにぐるっと一周すると22km程度になります。私は練習不足なので高尻から引き返し、おまけに大町から琴電に乗ってスタート地点に戻ったので走ったのは10kmぐらいかな。高尻の高台から見た志度湾がきれいでした。


10月5日

イメージ
朝晩の空気がひんやりしてきて秋が深くなってきていることを感じるこの頃です。今朝も6時に起きて夫婦でちょこっとランしました。朝日に照らされた高松市街を見下ろしながら走り下っていると息子が駆け上がってきました。すれ違ったと思ったらあっという間に後ろ姿が小さくなりました。